借り換えローンのメリット

 銀行カードローンでの借入れのことを「銀行カードローンでの借入れは新規借入をするための方法」と勘違いしている方もいらっしゃるので、ここで改めて書きますが、【銀行カードローンでの借入れは借金完済を目的としたローン】であり、新たに借入するための方法でありません。

 銀行カードローンでの借入れは返済日がバラバラの複数ある借入やローンをひとまとめにし、利息を含めた総返済額を減らし月々の支払いまでも軽くしてくれるというメリット満載のローンのことです。

 あちこち別々に支払っているといったいいつで完済になるか分からず、またちょっと困ったときに借入してしまったりしてなかなか終わりが見えてきません。いつまでたっても「借金」とお別れできずに苦しい毎日から抜け出すひとつの方法が【銀行カードローンでの借入れ】です。

 近年は「銀行カードローンでの借入れローン」を多くの銀行、消費者金融で扱い始めましたので、銀行カードローンでの借入れを考えている方にピッタリのところが必ず見つかると思いますので、根気よく探していきましょう。

銀行カードローンでの借入れの目的を決めてみよう

銀行カードローンでの借入れをする前にまず、完済するための目的を確認してみましょう。  例えば下記のように3つの目的があったとします。それぞれ、似たようで似ていない目的であって、選ぶものにより銀行カードローンでの借入れの申込みをある程度絞ることが出来ますので参考にしてみてください。

●総返済額を減らしたい
 今ある借入先よりも金利が低いことが条件です。
 あとは返済期間を短く持つことで利息を抑えることができます。ボーナス加算返済も視野に入れてみましょう。

●金利上昇のリスクをなくしたい
 固定金利の銀行カードローンでの借入れローン、カードローンを選びましょう。
 変動年利よりも上昇リスクが少なく、完済プランも立てやすくなります。

●現在の返済額を少なくしたい
 今ある借入先よりも金利が低いということはもちろん、返済期間を長く設定できるとこを選びましょう。
 返済プラン、返済額の相談も受けているところも多いので活用してみましょう。

銀行カードローンでの借入れ審査の基準

銀行カードローンでの借入れローンの審査は、氏名、勤め先、勤務年数、借入額などが基準となりますが、滞納情報などの返済状況も審査対象になると思います。

 なぜなら、銀行カードローンでの借入れは申込み先の会社が融資を行い、あなたが借入している会社に一括で返済するため、滞納がないようにキチンと返済してくれる方に融資を行いたいと思うからです。

 ただ、滞納があった方もそれにともなって審査に不安を持っている方も、ここで諦めず、あなたの会社で銀行カードローンでの借入れをしたいという強い気持ちを伝えるというのもコツです。  

 銀行系は総量規制外ですが、消費者金融は総量規制内になっていますので、消費者金融系の銀行カードローンでの借入れローンに申し込む際は事前に借入状況を確認してみましょう。

銀行カードローンでの借入れの申込み方法

申込みをするときは、サイト内の商品詳細、もしくは申込みボタンを押してみましょう。そうすると銀行カードローンでの借入れローンの詳しい内容、申込みページになります。
内容をしっかり読んでから申込みすることをオススメします。

 申込みページでは希望融資額、氏名、住所、電話番号、勤務先(職業)などを記入する欄がありますのでありのままを書き込んでいきましょう。
 全て記入し、完了ボタンを押すと「情報を送信しました」いうような内容の言葉が表れ、メール設定をした方は「申込みを受けました」というような内容のメールが届くと思います。

 即日、もしくは後日に審査結果や正規申込み方法などの案内が来ますので、そのときに不安なことなどを聞いてみると良いと思います。 

現在の支払金額を確認

現在複数の借入がある場合、その借入総額、金利などを事前に確認し明細もしくはメモを残しておきましょう。
 銀行カードローンでの借入れをする場合、銀行カードローンでの借入れローン会社側もできるだけ支払総額を抑えることができるプランを練ってくれますので、成功完済プランとなるように「おおまか」ではなく、「ハッキリした」借入額を知っておくことが大切です。
 なかには、P社に40万円、L社に30万円と借入している会社と残金の提示を求められる場合もありますので、完済するために偽りなく伝えましょう。

 ハッキリとした借入状況を確認することで、自分は今これだけの借入総額が残っており、返済期間がいつまであり、利息がどれぐらいあるのかを改めて知る方もいるでしょう。銀行カードローンでの借入れを考えていない方も、このサイトを読んだことをきっかけに一度見直してみると良いです。

 利息ばかりを返している状態、借入を繰り返している状態では、借金はいつまでも減りませんので、銀行カードローンでの借入れをして「元金」(借入した分)を少なくしていきましょう。

返済困難ラインとは

一般的に消費者金融系の借入をしている独身サラリーマンを例に上げた場合、借入総額200万円で支払いが困難、300万円で支払い不可能となるケースが多いと言われています。

 もっと詳しく書けば、年収300万円の派遣社員の場合、年収の25%、75万円、年収400万円は30%の100万円までの借金であればなんとか生活ができると言われています。(返済期間にもよります)

 例えばこれを一人暮らしの賃貸暮らしのひとと考えてみましょう。一人暮らしをしている方は分かると思いますが、家賃というのは毎月払うものです。賃貸を選ぶときは月給の1/3を目安に探すと家計を圧迫しないと言われており、月給の1/2を家賃にしてしまっては生活が大変になります。
 それと同じで一定以上超える借金を抱えると生活に少なからず支障が出てくるかと思いますので、借入は計画的に行いましょう。
(あくまでキャッシングによる借入に関した話です。)

銀行カードローンでの借入れ成功方法

「借入件数が複数あるから銀行カードローンでの借入れした方が良い」とか「とにかく低金利のところで銀行カードローンでの借入れしよう」と思って行動するのは一度冷静になって考えてみましょう

 例えば、借入先が1件、2件だけであと1年程で完済するというローンや申込み先よりも低金利のローンを組んでいるものは銀行カードローンでの借入れには向かない場合がありますので、事前に確認してみましょう。

 成功のコツとしては、銀行カードローンでの借入れをして「借入件数を減らす」こと前提に利用することです。
 例えば、A社30万円、B社20万円、C社50万円、D社100万円にそれぞれ借入があったとします。銀行カードローンでの借入れ申込み先の融資額は100万円でした。
 ぱっと見たらD社の金利が申込み先よりも高いから、D社だけを銀行カードローンでの借入れしようと思うかもしれません。でも、この場合A社〜C社までの借入を銀行カードローンでの借入れした方が賢い選択となります。

 この場合、3件の借入先があなたから離れていきますので、あなたの信頼度が上がり、きちんと返済していけば後々、融資枠を拡大してもらえる可能性が高まるのです。そのときに改めてD 社を銀行カードローンでの借入れして「一本化」にするべきなのです。
 多くのところから借入を行っている場合は、それらをひとまとめにしようと思っても融資枠を得られなければまとめることができません。
 なので、借入件数が多い方は成功ポイントとして「借入件数を減らす」ことを目標として申込みをしましょう。

 銀行カードローンでの借入れは【高金利】と【残金が少ない】ところがまとめて件数を減らしましょう

 成功のコツとしてもうひとつ上げるなら、借入を繰り返してしまう方は【スター銀行】のような「銀行カードローンでの借入れ専用ローン」を選ぶことです。
 銀行カードローンでの借入れ専用ローンは、カードローンなどと違い新たな借入ができない商品ですので、自分をしっかりと見直すことができます。

銀行カードローンでの借入れをすると ここが変わる

銀行カードローンでの借入れをすると厳しかった生活にゆとりを持てるようになります。
 月々の支払額が減少し、今までなら習慣のように払っていた返済も「○年の○月までで終了」というように終わりが見えるので生活にやる気が出てきます
 給料日も「支払日」と感じることはなく、素直に嬉しいとか何を買おうとか思うようになり、表情や生き方も変わってくると思います。

 銀行カードローンでの借入れで返済額や支払い期間を変えただけなのですが、普段の生活がかなり変わってきますから、支払えるお金がなく自転車操業している方や返済に涙している方は、【銀行カードローンでの借入れ】という方法をいち早く知って、勉強して活用してもらいたいと思います。

銀行カードローンでの借入れは今ある借入をまとめ、
賢く完済することができる顧客に有利な返済方法です。